ワイマックス比較して最安値を探す


ワイマックスを契約する場合、本家本元のUQ WiMAX以外にも、各社が運営しています。実際にはUQ WiMAXの回線を使用しますので各社を比較しても契約時のプラン等支払金額が異なる以外はほとんどありません。

従って、ワイマックス各社では、他社と比較して、お得感が出るような料金プランや、キャンペーンを実施しています。これによって、契約期間で最安値が若干異なってきます。

ただ、料金プランについては、細かく見ると微妙には異なるのですが、もともとUQ WiMAXの回線を使用している為だと思いますが、月額料金の点ではあまり違いがありません。一般的には2年契約を実施しているケースが大半ですが、2年の期間で計算すると、ほとんど同じような金額になるようです。

中には1年契約のプロバイダがあったりもしますので、ご自身がどのくらい使うつもりなのかを始めに考えておいてワイマックス業者を選んだ方がよいでしょう。

この契約期間で、キャンペーン時のキャッシュバック金額も異なってきますので、1年契約なら最安値だけれど、2年契約ならあまり安くないと言うケースもありますし、2年契約を超えてくると、最安値だというケースもあるわけです。

ですから、最安値と言ってもどの段階で最安値がいいのか?をはっきりさせておかなければ、本当の最安値を探すことはできないのです。

極端な話、契約時の支出額の最安値がいいと言うことであれば、そういうWiMAXプロバイダもあるのです。

ワイマックスとは?

ところで、改めてワイマックスとはなんでしょう?

ワイマックスとは、モバイルブロードバンド通信の方式の一つになり、高速、大容量になります。ワイマックスは「Worldwide Interoperability for Microwave Access」をWiMAXと略しており、次世代のインターネットになり、外出先をはじめ、移動中にもいつでも高速インターネットを楽しむ事ができるというものです。

ワイマックスの特徴には様々なものがありますが外す事ができない、重要なポイントがいくつかあります。

一つ目は速度が速いという事です。外でインターネットをする際に使われる公衆無線LANはその多くが最大7.2mpsとなっています。しかし、WiMAXの場合は40mpsが最大速度となっているのです。常に最大速度がでるというわけではないでしょうが、この差は歴然であると言えます。

そして通信状況が安定しているというのも、重要な特徴と言えます。ワイマックスではMIMOを利用しています。MIMOというのは、複数のアンテナでデーターを送受信する事で安定して通信を行う事ができるというものです。

さらにエリア内の基地局の半径が3KMとなっていることも安定した通信を提供できる理由と言えます。3キロ毎に基地局があるということから、移動中に使用していても途切れることなく、安定して通信ができます。

またこういった新しいサービスが出た時に持つ不安として、結局このサービスが終了したら、設備を整えても無駄になるのではないか?という疑問があるかと思います。しかし、ワイマックスは世界標準規格の通信技術になりますので、今後発展していくことはほぼ間違いないと言えると思います。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

管理人による承認後に公開されます。

HTMLタグは使用できません。